3次元培養のためのイメージングシステム

明視野による3次元培養解析

試薬フリーによる非侵襲解析

製品概要

研究分野
 ・3次元培養を用いた創薬研究や再生医療研究
 ・培養細胞の固定や染色を行うことが出来ない非侵襲研究

ハイスループット
 ・マイクロプレート1枚当たり、54秒でスキャン
 ・90秒で、スフェロイドのカウント、さらに個々のスフェロイド

       について2次元投影面積や直径、体積を計測

3次元培養解析のエントリーモデル
 ・3次元培養解析に特化し、明視野のみに対応した低価格モデ

​特徴

Cell3iMager neo

(シングルプレート対応)

CC-3000

Cell3iMager

(4プレート対応)

CC-5000

1. ハイスループット

  • 96ウェルを90秒で定量可能

  • 高速撮影と高速解析により、正確で精度の高い3次元培養細胞定量化を効率化

  • 自動化に対応し、スキャンを先行、解析を後から実行など、ワークフローをユーザーに合わせて構築

  • 9600 dpi(2.6 μm/pixel)から200 dpiまで、試料や解析速度に合わせてスキャン精度を調整可能 (9600, 4800, 2400, 1200, 600, 300, 200dpiの7段階)

2. 3次元培養に特化した独自撮像システム

  • 厚みのある観察対象に対して、複数のフォーカス深度で撮像、その後、画像合成を行って解析

  • 厚み方向の情報を統合することで、アガー培養、浮遊培養系など、 3次元培養の立体培養についても正確に定量化

For scanning and imaging

  • Wide range of pre-defined plate maps and optimal focal plane heights available for all major 3D cell culture platforms

  • Selectable scanning resolution from 9600 dpi (2.6 μm/pixel) down to 200 dpi (9600, 4800, 2400, 1200, 600, 300, 200)

  • Ability to scan plates quickly and analyze data later at your convenience

  • Adjustable tone curve compensation for colored medium

  • Auto focus, fixed focus, and multi-planar options

お問い合わせ

      FAQ      

Q. What does the Cell3iMager do?

A.The Cell3iMager is a high-throughput bright-field scanner with an integrated 3D software which is the only

cost effective, non-invasive solution for the kinetic growth profiling of 3D tumor spheroids. It is the fastest bright-field imager capable of scanning a 96-well plate in less than 1 minute.

 

Q. How fast is the Cell3iMager and what throughput rates can be achieved?

A. Scanning time depends upon the number of wells being scanned and the desired resolution. Typical scanning and measurement time for 96- and 384-well plates at varying resolutions is shown in the table below. A total number of thirty 384-well plates can be scanned within 1 hr (CC-5000) at 2400 dpi resolution, the resolution recommended for use with InSphero plates. Image resolution is adjustable from 200 dpi, 300 dpi, 600 dpi, 1200 dpi, 2400 dpi, 4800 dpi and 9600 dpi. Scanning times are the same for the CC-3000 and CC-5000 models, although throughput will be greater for the 4-plate cc-5000 due to the multi-plate format which reduces plate handling time.

 

Q. Does the Cell3iMager have fluorescence or luminescent detection capabilities?

A.No, neither Cell3iMager unit includes multi-mode functionalities like fluorescence or luminescent detection

capabilities. They are bright field scanners with an LED light source designed specifically for rapid bright field image capture and analysis.

 

Q. Is it possible to take color images?

A. Yes. It is possible to take color images. The software allows to save the scanned image in RGB (red, green, blue) or grayscale.

 

Q. Can the Cell3iMager analyze multiple plates at a time?

A.It depends. The Cell3iMager (CC-5000) can analyze 4 plates in a single scanning run, giving you the flexibility to

scan up to four different plate types at a time if desired. The lower-cost Cell3iMager neo is capable of scanning just a single-plate in one scanning run.

Q. Can the Cell3iMager be used for 2D cell imaging?

A.Yes. Both Cell3iMager models can be used for bright field imaging of stained 2D cell culture.

 

Q. Is the Cell3iMager compatible with an automated/robotic loading system?

A.Yes. Both the Cell3iMager Neo (CC-3000) and Cell3iMager CC-5000 are compatible with a plate stacker or robotic loading system. Please contact us for more details about robotic loading system setup.

製品概要

研究分野

  • 3次元培養を用いた創薬研究や再生医療研究

  • 培養細胞の固定や染色を行うことが出来ない非侵襲研究

ハイスループット

  • マイクロプレート1枚当たり、54秒でスキャン

  • 90秒で、スフェロイドのカウント、さらに個々のスフェロイド

       について2次元投影面積や直径、体積を計測

3次元培養解析のエントリーモデル

  • 3次元培養解析に特化し、明視野のみに対応した低価格モデ

​特長

Cell3iMager neo

(シングルプレート対応)

CC-3000

Cell3iMager

(4プレート対応)

CC-5000

1. ハイスループット

  • 96ウェルを90秒で定量可能

  • 高速撮影と高速解析により、正確で精度の高い3次元培養細胞定量化を効率化

  • 自動化に対応し、スキャンを先行、解析を後から実行など、ワークフローをユーザーに合わせて構築

  • 9600 dpi(2.6 μm/pixel)から200 dpiまで、試料や解析速度に合わせてスキャン精度を調整可能 (9600, 4800, 2400, 1200, 600, 300, 200dpiの7段階) 

​スキャン

1 分

計測

0.5 分

エクスポート

& 解析

2. 3次元培養に特化した独自撮像システム

  • 厚みのある観察対象に対して、複数のフォーカス深度で撮像、その後、画像合成を行って解析

  • 厚み方向の情報を統合することで、アガー培養、浮遊培養系など、 3次元培養の立体培養についても正確に定量化

3. 各種3次元プレートに対応

透明U字底タイプ 

住友ベークライト,

Thermo Fisher Scientific,

日油

透明平底タイプ

CORNING, IWAKI

ハンギングドロッププレート

InSphero

黒色壁平底タイプ

SCIVAX

​軟寒天培地

​染色2D培養細胞

  • ​様々な立体培養フォーマットに対応​

4.  3次元培養のためのソフトウェア

  • ゲル包埋培養などの立体培養について、Z軸方向マルチフォーカススキャンで培養を逃さずスキャン

  • キネティック解析、経時解析など、様々な解析スクリーニングに対応

  • 30以上のパラメーターを採用し、サンプルのシグナルとアーティフィシャルシグナルを正確に分離。これにより、培養細胞の正確な抽出と生死判定を実現

  • シングルスフェロイド、マルチスフェロイドの定量化に対応

​製品仕様

Copyright © 2018 SCREEN Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved

  • LinkedIn Social Icon