WEBセミナーホームページ広告.jpg

3次元培養のためのイメージングシステム

明視野による3次元培養解析

試薬フリーによる非侵襲解析

製品概要

研究分野
 ・3次元培養を用いた創薬研究や再生医療研究
 ・培養細胞の固定や染色を行うことが出来ない非侵襲研究

ハイスループット
 ・マイクロプレート1枚当たり、54秒でスキャン
 ・90秒で、スフェロイドのカウント、さらに個々のスフェロイド

       について2次元投影面積や直径、体積を計測

3次元培養解析のエントリーモデル
 ・3次元培養解析に特化し、明視野のみに対応した低価格モデ

​特徴

Cell3iMager neo

(シングルプレート対応)

CC-3000

Cell3iMager

(4プレート対応)

CC-5000

1. ハイスループット

  • 96ウェルを90秒で定量可能

  • 高速撮影と高速解析により、正確で精度の高い3次元培養細胞定量化を効率化

  • 自動化に対応し、スキャンを先行、解析を後から実行など、ワークフローをユーザーに合わせて構築

  • 9600 dpi(2.6 μm/pixel)から200 dpiまで、試料や解析速度に合わせてスキャン精度を調整可能 (9600, 4800, 2400, 1200, 600, 300, 200dpiの7段階)

2. 3次元培養に特化した独自撮像システム

  • 厚みのある観察対象に対して、複数のフォーカス深度で撮像、その後、画像合成を行って解析

  • 厚み方向の情報を統合することで、アガー培養、浮遊培養系など、 3次元培養の立体培養についても正確に定量化

For scanning and imaging

  • Wide range of pre-defined plate maps and optimal focal plane heights available for all major 3D cell culture platforms

  • Selectable scanning resolution from 9600 dpi (2.6 μm/pixel) down to 200 dpi (9600, 4800, 2400, 1200, 600, 300, 200)

  • Ability to scan plates quickly and analyze data later at your convenience

  • Adjustable tone curve compensation for colored medium

  • Auto focus, fixed focus, and multi-planar options

お問い合わせ

製品概要

研究分野

  • 3次元培養を用いた創薬研究や再生医療研究

  • 培養細胞の固定や染色を行うことが出来ない非侵襲研究

ハイスループット

  • マイクロプレート1枚当たり、54秒でスキャン

  • 90秒で、スフェロイドのカウント、さらに個々のスフェロイド

       について2次元投影面積や直径、体積を計測

3次元培養解析のエントリーモデル

  • 3次元培養解析に特化し、明視野のみに対応した低価格モデ

​特長

1. ハイスループット

  • 96ウェルを90秒で定量可能

  • 高速撮影と高速解析により、正確で精度の高い3次元培養細胞定量化を効率化

  • 自動化に対応し、スキャンを先行、解析を後から実行など、ワークフローをユーザーに合わせて構築

  • 200 dpiから9600 dpi(2.6 μm/pixel)まで、試料や解析速度に合わせてスキャン精度を調整可能 (200, 300, 600, 1200, 2400, 4800, 9600dpiの7段階) 

​スキャン

1 分

計測

0.5 分

エクスポート

& 解析

2. 3次元培養に特化した独自撮像システム

  • 厚みのある観察対象に対して、複数のフォーカス深度で撮像、その後、画像合成を行って解析

  • 厚み方向の情報を統合することで、アガー培養、浮遊培養系など、 3次元培養の立体培養についても正確に定量化

Cell3iMager

(4プレート対応)

CC-5000

3. 各種3次元プレートに対応

透明U字底タイプ 

住友ベークライト,

Thermo Fisher Scientific,

日油

透明平底タイプ

CORNING, IWAKI

ハンギングドロッププレート

InSphero

黒色壁平底タイプ

SCIVAX

​軟寒天培地

​染色2D培養細胞

  • ​様々な立体培養フォーマットに対応​

4.  3次元培養のためのソフトウェア

  • ゲル包埋培養などの立体培養について、Z軸方向マルチフォーカススキャンで培養を逃さずスキャン

  • キネティック解析、経時解析など、様々な解析スクリーニングに対応

  • 30以上のパラメーターを採用し、サンプルのシグナルとアーティフィシャルシグナルを正確に分離。これにより、培養細胞の正確な抽出と生死判定を実現

  • シングルスフェロイド、マルチスフェロイドの定量化に対応

​製品仕様

Copyright © 2018 SCREEN Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved

  • LinkedIn Social Icon