京都大学のワンストップバイオリソース事業に参画

株式会社SCREENホールディングスはこのほど、日本における革新的医療開発を実現する日本初の産学連携の取り組みとして、京都大学におけるワンストップバイオリソース事業に参画することを決定しました。 国立大学法人京都大学と株式会社エスアールエル、株式会社椿本チエイン、シスメックス株式会社、株式会社アスクレップ、株式会社島津製作所、富士通株式会社及び株式会社SCREENホールディングスは、わが国における革新的医療開発に貢献することを目指し、それぞれの研究基盤、事業基盤を活かした新たな産学連携モデルを構築することといたしました。このなかで、京都大学は、医学部附属病院に設立されたクリニカルバイオリソースセンターによるワンストップバイオリソース事業を実施するとともに、企業7社は、株式会社KBBMを新たに設立して同事業を推進し、両者で、より有効でより安全な医薬品、治療法をより迅速に患者さんに届けるための「産」in「学」の新たな産学連携に取り組みます。なお、KBBMの名称には、革新的医療の架け橋を京都から(Kyoto Bridge for Breakthrough Medicine)という思いを込めて命名されました。 当社は、ライフサイエンス事業で実績を重ねている細胞形態観察イメージングシステムなどを活用し、京都大学のワンストップバイオリソース事業への出資・参画を通して、同大学と共に革新的で効率的な医療の実現に貢献していきます。 <株式会社KBBM(Kyoto Bridge for Breakthrough Medicine)について> ・本店所在地   京都府京都市(京都大学医薬系総合

アーカイブ

Copyright © 2018 SCREEN Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved

  • LinkedIn Social Icon